【安倍】 6.10 おとめちっくBANK 【VS飯田】

最近は土日どちらか出勤をすることになっているのですが、今回はシーズンファイナルと言うことで2ヶ月前から公休申請をしていたので、久々の土日紺参戦となりました。

なち紺。

振り返ると昨年秋の「24カラット」は諸事情で参戦できずwその前の回はちょうど1年前で「ふれあいコンサート」と銘打ってるものの見るに耐えない紺とは言えないものでした。そう考えるとなち紺はあの謹慎する直前に行われた「あなた色プレミアム」以来1年半ぶりとなりました。

なち紺の記憶。

「あなた色」シリーズが中澤姉さん、圭ちゃんという強烈なバックアッパーを揃え、歌もMCもそれはそれはとても素晴らしいコンビネーションで黄金世代ファンを魅了してくれました。メロン紺とはまた違う私の大好きな紺。

私のなち紺の記憶はそこで止まってたんですよね。

当然ながらその時の記憶しかないものですから、その二の舞三の舞を期待したわけで・・・。やっぱ過度の期待ってのはアレ。

ホント、飯田さんはプロですよね。元はと言えばナッチと飯田さんはお互いセンターをかけてしのぎを削りあった良きライバル同士。まあ、今は遠い昔の物語ですが、でも飯田さんがナッチのサブに回る、その仕事を請け負っただけでも私にしたら凄く大事のように感じます。自分がもし飯田さんの立場ならやってられないでしょうね。それだけ自分と比べて飯田さんははるかに大人の女性であり、プロなんだなぁ~と思って見てました。

全体的な流れを見て、あともう一人欲しかった気がします。まあ、これもあなた色(変形フラット3)の残骸が頭に残っているからそう思っちゃうんですけど、やっぱナッチと飯田さんは基本、ボケ属性なんですよね。ボケとボケのコンビとなると笑い飯のようにテンポがよければいいんですけど、相変わらずナッチはカミカミだったし、飯田さんはナッチ曰くワンテンポずれてるしね。となると、ハローでも一番バラエティに適していてその辺りの空気をすぐ察知できて2人に気兼ねなしにつっこめるあのちっちゃい人が居てくれたらなと、プチコントを見てそう思いました。ちなみに銀行は店員じゃなくて行員だという気持ちは・・・。

それにしてもアンコールで飯田さんが出てきたときのあの眩しさ。飯田さんはドレスもいいけど、ああいうミニ姿をもイイ!男のど真ん中が目を覚ましますよ。さすがにナッチが横に並んだ時はなんかもう大人と子供でしたw

さてさて、なんでこう飯田さんのことばっか書いてるかと言うと、今回あまりにも飯田さんが生かされてなかったからです。結局2人のカラミとしては「夢の中」「シツレンジャー」「腕組んで」と合間のMCだけでしたかね。そりゃナッチ主演の紺だとは言いますけどね、飯田さんと組むとなればやっぱ黄金時代をね、蘇らせてほしいわけなんですよ。なんでシツレンジャーやねん!関係あれへんやん!とどれだけ心の中で思ったか。持ち歌の時なんて言っちゃ悪いですけど、一頃のゆきどんを思い出しましたよ。

CDSも最近一般発売が増えてきたように最近の飯田さんは自分でなかなか光れなくなってきてますけど、元は選ばれし者。素材はちゃんとしてるんです。昔と比べたら凄く声の伸びとかも感じましたし、あとはちょっとの工夫でこの美味しさって神田川俊郎じゃないけどね、もうちょっと制作側はね、その辺を感じて構成していただきたいなと思います。飯田さんはまだまだくすぶる年じゃないですよ。

とまあ、ほとんどこんな感じで見てしまったので、なち紺本来のあの空気感を感じ損ないました。
もし秋も飯田さんをゲストに起用するのなら、そういう邪念を感じさせないためにもぜひ歌手矢口真里も起用してくれ!
そして見に来た者が皆ハッピーになれる紺を切にお願いしたいです。

俺はぁ!俺はぁ!俺はぁ!
邪念を、邪念を、抱くのが嫌なんじゃ~!
分かったかぁ!真鍋ぇ~!(聖水ブシャー)ファイヤー!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック