【9.16】Burning Heaven Tour FINAL【Fly High!!】

( ‐Δ‐)ノ<○○ルも好きなくせに~

自身、灼メロ最終戦となる名古屋大会に行ってまいりました。
久々の名古屋、名古屋はいつ以来かと振り返ると去年末のメロン祭り2005以来でした。今年発名古屋だったのね。早いなぁ~。もうそんなに経っていたのか。
さて、そんな名古屋のダイヤモンドホールもかなりのお久で、一昨年の極上以来です。そういやあの時の「初雪」朗読コーナーでカス野郎が「だまれ!」とか奇声を上げて萎えた過去が蘇ります。嫌な事って結構覚えてるのよねぇ~。今年はそんな事無いように。(-人-)
相変わらず会場の入り口と隣のローソンは目には見えない緑に染まっておりやす。
とりあえずローソンで水分確保。広島でノードリンクを経験したので、調子こいて試合を350mlのペットボトル1本で挑もうとした私がバカでしたw
入場列が裏の階段でして、入り口へ上るたびに酸素が薄くなるような・・・。入場した頃はちょっと気分が・・・。

整理番号250番でしたので、今回も仕事重視。身体をフルに動かせれるいつもの機材前に向かう。当然ながら先に乗り込んでいた塊たまぁしぃ氏が居たので同席。九州シリーズでお会いした塊氏のヲタモダチのmellomelon氏は機材席の裏でスタンバってましたw
600番台のはれれ氏も無事合流したので軽くストレッチ。試合を待ちます。
それにしても我々の前で陣取っていた英七番が非常にアレ。つーか、この英七番は今でもアレで、私が初のメロン紺参戦となった「もうホレちゃうぞ」ZeppOsaka大会で、まだその頃メロンには純だった私にタックルをかましてきやがったんです。これが噂に聞いたメロン紺の洗礼かと思うと共にこのカス野郎の顔は今でも忘れません。
とりあえずはスルーの方向ですが、何かやらかしてきたら「やられたらやり返す」長与千種に叩き込まれたスピリッツを胸に殺気がみなぎるオープニング待ちでしたが、そんなライヴと無関係な殺気も、躍起がみなぎる開演の合図を身体で感じると、あっけなく燃えて昇華しました。

オープニングの3曲で炎上。MC中に水分補給するも(メロンさん、すんません)いつにない気分の悪さ・・・。う~ん、これは酸欠かな?
とりあえずクレハピでは舞うも、次の「努力系」で脱力系でした。(メロンさん、すんません。)
赤フリが終わって一息。脳に酸素を、身体に水分を。

MCの内容は確かマサオくんは「毛の無いウサギ」を飼いたいとか言ってたなぁ~。
ひとさんが2匹目の猫を飼いたいとか言ってた時に目の前に居た英七番が「オレも飼ってくれ!」と一人ほざく。噂に聞いた札幌事変以来そのようなバカ発言に異様に反応するひとさんは「スルー、スルーで。」と流す。拍手喝さい。皆、札幌事変にはそうとうな憤りを感じていたんですね。なんか安心しました。つーか、英七番氏ねばいいのに。

今回の立ち位置は正直ステージがあんまり見えなくて、お気にのひとさんの観音様(マドンナ)のVゾーンはほとんど拝めませんでした。でも、いいんです。
相変わらずマサオくんの歌は良い。あの後光の差す演出が好きです。

EROSで恍惚に浸ったあとの過激4重奏。この灼メロもこれで終わりかと思うとですね、いつも以上の爆発力が出ました。この爆発力はたぶん一昨年の極上ファイナル以来だな。傍から見れば奇人と思われるぐらいヘッドバンギング。たぶん目は行ってたと思います。こんな姿を素で見られたらお婿にいけないだろうなぁ~w



( ‐Δ‐)<ここでお知らせがあります。

( ヲ )<オーッ!

( ‐Δ‐)<年末に東名阪のツアーが決定しました!

( ‐Δ‐)<えー、今回はですね、ホールツアーでして、

( ヲ )<え~~~~っ

( ‐Δ‐)<もう、ホールも好きなくせに~




ケツの穴がギュッと締まりましたw(ビンカンッ!)

もう年末の話かと感慨に浸ると共に今年も残り3ヶ月と半月かと遠い目。
エンディングは残念ながらやっぱり「スキップ」でした。
まあ、「スキップ」もマタアイマショウみたいな感じでエンディングにふさわしいですけどね。でも、正直最後の最後はパワパワしたかったです。ダーッ

終演後に鳴り響く「メロン最高!」と平野コールw
私の「明るく楽しく激しいメロンライヴ」は終わりを告げました。
英七番というカス野郎も居たけど、それより2年に幾度有るか無いかの大飛びも出来て個人的には大満足しております。
今週末新潟行かれる方はぜひモラルを欠かないよう大爆発してきていただきたいと思います。



さあて、



明日からまた生きるぞ!


「まあ、アレです。」と言う表記を見てニヤリ。
自分がよく使う言葉を書かれるとまあ、アレですw
なんか線が繋がった感じがしてちょっと嬉しかったり。

実は昔お手紙を書いて、我がサイトのアドレスを忍ばせたことがあります。
運がよければ、ここのサイトを見られたことがあるかもと勝手にいい方に解釈。





実際リアルで会うといい娘の印象しかないんだけどね。
まあ、毛嫌いするとリアルで会う気も無いか。可哀想に・・・。



焼き鳥ウマー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

一狼
2006年09月21日 22:24
無事完走、おめでとうございます!
札幌の事件を生で体験してしまった私にとって、会場全体がそういう行為を許さない雰囲気になっていたのは、とても嬉しいです。

ルッテンにボコボコにされても、マイクを握って叫んだ船木がいた頃のパンクラスが私の青春でした。掌底最高。
ダベ
2006年09月21日 23:55
どうも、乙です。
ひとさんが音頭を取って、そういう風な空気になりましたが、ただ当の本人はどこ吹く風でしてやったりの表情。他人の事はお構いなしで恍惚に浸っているからより性質が悪いというのはありますよね。ホント困ったちゃんですわ。
たぶん長野にも現れるでしょう。

自分は船木×鈴木かな。チョークで鈴木みのるが白目をむいて落ちたのが衝撃でした。あの頃のパンクラスは誰も彼も華があったなぁ~。(遠い目)
お~たに様命@灼熱終了
2006年09月27日 21:58
名古屋では、ダベさんの頭をシバいてしまい、申し訳なかったですm(__)m
名古屋同様、新潟もヲタさん達がしっかりしていたので、札幌みたいな事になる事無く終われました♪
次のFCツアーでも、よろしくです♪

携帯からの書き込みが出来ないんですね。知りませんでした。何度、送信を押しても動かなかったもんで・・・。

この記事へのトラックバック