苦情申立て

何やら青封筒が届くのがとても遅かったらしい(今回は大した募集が無かったので自分は気にもしてなかった)ので、必死な皆さんは事務所にゴラゴラ言ってたそうでw

SoftBankクオリティ

SoftBankに移籍したから早3ヶ月近く。新スーパーボーナスの基本使用料2ヶ月無料も終わり、今回の引落しから基本使用料の徴収が始まるわけですが、昨日、3月の料金請求額が届いたので見てみると、若干料金が高いことに気づく。と言うか、使い始めて1ヶ月ぐらいから怪しいとは思ってたんですけどね。

で、料金の内訳を見ると、やっぱり。

今年の1月にDoCoMoからSoftBankへ移籍したんですが、SoftBankにMNPした際、料金形態をオレンジプランかブループランで契約を結ぶと前のキャリアの契約年数を引き継いでくれるのですが、1月の明細を見たときに契約期間が1ヶ月となっていたので、おかしいなと思ってました。

料金形態を選ぶ際、オプションとして自分割を付けました。自分割を申し込むと1年目に36%、2年目で45%、4年目以降になると52%と基本使用料を割り引いてくれるサービスで、DoCoMoで5年以上使っていたので、その契約年数が移行されると初年度から52%引かれていることになってたはずなんですが、契約年数が引き継がれてなかったので割引率は36%となってました。

52%と36%。数字にして16%の差。自分は基本使用料が安いエコノミープランを使っているので差額は600円くらいなんですが、もっと高い基本料だと差額はもっと広がるわけで。そう考えると取られる覚えが無いものを取られるってのはやはり納得いかないので、本日会社帰りにSoftBankショップへ行って苦情を申し立ててきました。

受付のお姉さんに料金明細について問い合わせということで切り出し、引継ぎされているはずの契約年数がされていないと話すと、引継書を送られましたか?と問われました。

引継書?

専用の用紙に記入と前の携帯の明細書を添付すると年数の引継ぎをしてくるそうですが、自分、DoCoMoの明細書はウェブで見ていたので明細書は手元に無いし、第一、そんな申込用紙なんて初めて見ました。とりあえずその引継用紙を貰ってない旨、担当のお姉さんに伝える。MNPの際にその引継申込用紙を客に渡しているらしいが、当然そんなのを貰っていたらノコノコとこんなとこに来ることも無いし、携帯好きな自分がそんな大事な用紙を出し忘れるようなヘマを起こすことはありえないので、ここは若干不機嫌気味なオーラを出して先方の対応をみることにする。

自分、コールセンターで働いているので、お姉さんの心中は察することはできるんですが、日頃のアレじゃないんですけどね、とりあえず平静を装いながらいつでも発火できる準備はしていました。

お姉さんが上司と相談してMNP契約の際の手前のミスを認めたため、とりあえずは契約年数の引継をしてくれることにはなったのだが、ただ、手続きにするにあたって、どうしてもその契約年数を証明できる明細が欲しいとのこと。とは言われても、DoCoMoのHPではその明細が見れる期間が過ぎていてログインしても見れない状況。では、直接DoCoMoのコールセンターに過去の明細を発行できるかをお話し願いますかと言われたので、かけてみると明細を発行するのに手数料がいるとか、印鑑証明がいるとか言い出してきたので、とりあえず手間が掛かるのでお断り。最近の携帯の手続きなんて印鑑なしのサインで済ますところが多いだけになんで印鑑証明(原本)がいるのか意味がさっぱり分かりません。それを聞いたお姉さんもやけに不思議がってました。まあ、とりあえずDoCoMo頼みにするとかなりの手間隙がかかるので、とりあえずなんとかしろオーラを出してみて、お姉さんに打開策を考えてもらいました。

時間にしてトータルで1時間近くの話となりました。向こうも譲れない部分(明細が必要)があるので、とりあえずこちらからの妥協案として何かしら契約年数がわかるDoCoMoの明細をもってくることで、話をつけてくれるようにしてもらいました。

自分も仕事柄そういう立場に立ったこととかありますからね。いざ逆の立場に立っては見ましたが、気持ちのいいものではないですよね。そう思うとクレーマーてホント、クレイジーだなと思いました。

さて、とりあえずMNP転出した際に送ってきたDoCoMoの明細があったので、それが使えるかどうかアレですが明日もう一度ショップに行ってきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック