地元密着型

今日は久々のプロレス観戦。地元大阪の大阪プロレスを見てきました。
チケットは前売りで2980円、一般自由席です。
一般自由席とは言うものの、座席など無く地べたに座ってのフリー観戦です。自分は西側の壁際で見させてもらいました。
大阪プロレスは自身2度目。もう数年前(星川、薬師寺、大王カルトなど居た時代)に梅田の開場で見て以来です。毎週常打ち会場(デルフィンアリーナ)でやってるのにね。





やっぱりプロレス生観戦となると、普段出てこない自分が出てきまして、自分やたら声出します。自分なりの発散方法であったり、周辺の観客の鼓舞もあったりね。久々に肉体がぶつかる音を聞くとホント、テンション上がりました。

つーか、実はプロレス以外にテンションの上がる要素が隣にあったりw

今回ためらって写真を撮ってないのですが、実は私の真横で試合を観戦されていたのが、元女子プロレスラーの白鳥智香子さんでした。大阪プロレスで中の仕事をされているのは知っていたんですが、まさか私の隣でおんなじ様に地べたに座って試合見てるとは!(その距離50cmとか!!!!)
あの空前の女子プロレスブームだった時(90年代中盤)に人気のあった女子レスラーなんで、自分、顔とかめっちゃ覚えてました。今も当時と変わらない美人顔なんで即分かりましたよ。ちなみに今は大阪プロレス所属のタイガースマスクの奥さんですw (今の子達はこの人がどんな人だったか知らないんだろうなぁ~。)
あと、スペル・デルフィン夫人である元アイドルの早坂好恵さんも居ました。



一番印象に感じたのは女性や子供連れの親子が多かったこと。まあ、大阪プロレスのコンセプトがやはりちっちゃい子供から年配の方まで幅広い層にプロレスの楽しさ、激しさを伝えるてのがあるのでね、ちっちゃい子が必死にビリー・ケン・キッドやツバサ、若手選手など応援している姿、売店でレスラーに写真やサインを貰って喜んでいるのを見ていてすごく微笑ましかったです。強さ、かっこ良さを求めるのもプロレスですが、こういった見に来たお客さんを必ず満足させるというのもプロレスの姿だなと改めて思いました。

試合内容もシリアス有り、お笑い有りと「戦う新喜劇」と言われる内容のものは見せていただきました。また近いうちにこの体感を味わい行きたいと思います。(白鳥さんとの写真目当てとか言わない。)

3000円で2時間半はかなりお得。私の一生に一度プロジェクトじゃないですけど、ぜひ一度は見ていただきたいと思います。損はしませんよ。



試合観戦後は、お腹も空いたので新世界の街へ。



当然、串カツでしょ。2時間くらい食べて飲んでましたが、これまた一人3500円と格安。
台風も今朝のうちに東海へ流れていったので、いいお休みになりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ★後藤真希★  話題のハメ撮り

    Excerpt: 現在ツアー中の「モーニング娘。誕生10年記念隊」のメンバー後藤真希が8月23日... Weblog: ★後藤真希★  話題のハメ撮り racked: 2007-09-10 14:39
  • 吉野家のテラ豚丼に対抗して、ケンタッキーのゴキブリ揚げをmixi...

    Excerpt: 「ケンタッキーフライドチキン」の元アルバイト店員だという男性が、自身のmixi日記上で「店内でゴキブリを揚げた」などと書き、インターネットの掲示板で「気持ち悪い」などと騒動になっている。 運営する日本.. Weblog: 吉野家のテラ豚丼に対抗して、ケンタッキーゴキブリ揚げをmixiに掲載したゆとりくんの素顔 racked: 2007-12-06 17:30