【NEO】 3.14 NEO SPECTACLE IN 聖地川崎 注目試合① 【想像を超える発想】

【第三試合 さくらえみ VS 華名】

画像

なぜ、川崎に来たのか。圧倒的衝動。
この日を逃すとしばらく見ることが出来なくなるのではと思った虫の知らせ。

画像

後楽園ホールでは表すことの出来ないセット。WWEとは全く行かないですがお金掛けてます。

画像

モニターの裏を駆ける黒い影。と思ったのも束の間、なんとさくらの奇襲攻撃!

画像

画像

華名が投げつけたガウンを奪い、羽織って挑発するさくら。

画像

スタートは打撃。さくらがブログでも書いていたようにチョップ。

画像

そしてさくらがロープへ投げようと腕を掴むもそうはさせじとロープワークを拒む華名。

画像

しからばと前へ転がすと背中へのストンピング。これも予告通りの攻撃。

画像

得意のバックブリーカー。

画像

そしてまたもストンピング。

画像

まれに出すミドル。

画像

画像

序盤さくらのペースも、黙って受けている華名ではない。お返しの関節にはさすがのさくらもロープ。

画像

画像

画像

画像

隙を見せるや容赦なく襲う華名の打撃。

画像

画像

火が付きだしたのかさくらも強烈な張り手をお見舞い。

画像

画像

画像

体重の乗った逆エビは腰の悪いさくらにはつらい。

画像

画像

画像

画像

形は少し不恰好ながらもミドル。
正直、ここまで普段のさくらえみでは見ることの無い戦いを見せるさくら。
自分が本意気で見始めた時のあの「さくらえみVS華名」は欠片も無かったです。

そしてこの試合、一番目を奪われたのは、この流れ。

画像

画像

さくらえみと言えば、キレ、スピード、どれを取っても天下一品のラ・マヒストラル。
この体勢に入ればキレイな回転体を描いて・・・と思った瞬間。

画像

体勢を戻しての

画像

ドスッ!と響くわき腹への強烈なヒザ蹴り!

画像

不意を突かれたであろう華名はダウン。
受けた本人もそうだろうが、自分も見ていて驚いた。
いつもはフィニッシュに使うラマヒをフェイントに使用するという発想。
人々の想像を超える発想の持ち主さくら。



試合の展開はここまでほとんどと言うか、ロープワークは全く無し。打撃か絞め技。
さくらがあえて華名のスタイルに合わせて戦ってる印象。



つづく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック