【1.23 大女】 大阪で生まれた女やさかい。 【飯田美花】

最近はどんな大会でもなんですが、全体のカードを把握せずに会場に行き、現地に行って誰が出るのかを知って驚くことが多いです。
で、今回驚いたのが飯田さん。第一に出身とか大阪となんら関係が無いから何でまた出場かと思ったんですが、コールを聞いて気づきました。

「昨年の11月21日にNEO大阪大会でデビュー。NEO最後の遺伝子、飯田美~~花~~~!」

おおっ、そう言われたらそうや。彼女は大阪でデビューしたんだったー。
そう考えるとある意味大阪出身。大女の出場資格ありです!(て、そんな資格は自分が決めるもんじゃないんですけどね。(汗;))
そういう情報がすっかり頭から抜けておりました。ごめんなさい。

【第二試合 紫雷美央 VS 飯田美花】

画像

さて、試合ですが、今回は紫雷のお姉ちゃん(美央)との対戦。

画像

画像

案の定、ラフファイトと言うか、ヤンキーファイトに飯田苦戦。お姉ちゃんに大ブーイングが飛ぶw

画像

ブーイングが出たことでお姉ちゃんも立ち位置が分かったか、ヤンキーファイトに終始。

画像

画像

画像

美央「ほらほら、こんなに曲がるよ~~。」

お姉ちゃんはずっと喋りながらの試合。余裕こきまろさんでした。
若さか飯田さん、身体やらかい。

画像

ま、隙を見せたら、危うい場面を見せたりしつつ。、

画像

お返しは倍返し。

画像

栗原あゆみ譲りのドロップキックがヒットすると、

画像

飯田「いくぞーっ!」

画像

ヘッドバットがわき腹に命中!

画像

しかし、攻撃は続かず、お姉ちゃんの反撃を食らうと、

画像

そのまま最後は強烈な蹴りが側頭部にヒット。スリーカウントを聞く。

画像

最後までいじいじ苛める美央姉さんでございましたw


飯田さん、デビューしてから約2ヶ月。まだ動きに戸惑いが見れるけど、それでもデビューの時よりは声も大きく出るし、NEO解散後もアイスリボンで試合するなどして、試合経験を積んでそれが実になりつつあるのが目に見えて分かりました。

画像

記念に一枚。

「NEO最後の遺伝子」

この肩書きって、飯田さん以外は誰も付けることが出来ない大きな称号だと思います。まだ荷が重いかも知れないけど、ゆっくりじっくり体力つけて大きくなって欲しいし、デビューしていきなり住む家を失う新人ってそうそう居ないと思うんでね、周囲の諸先輩たちもぜひ暖かく見守ってあげて欲しいなと思います。

それにしても最近思うんですが、昔は前座、新人の試合はあんまり力入れずに見ることが多かったのですが、去年あたりからこういう新人さんの試合が面白く感じるようになってきたんですよね。
やっぱり下野さんや花月、帯広ちゃんとかね、こう見るたびに成長してる選手を見てると、この先この選手はどうなって行くんだろうというそういうワクワク感みたいなのをここ最近よく感じるんですよね~。

なんか、アレやな~。自分で言うのもなんやけど、老けたかな?ハハハ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック