【12.12 JWP】 2010年私的最優秀新人賞決定戦 下野佐和子 VS 帯広さやか

画像

昨日のJWPさんからの正式リリースにより、12.12東京キネマ倶楽部で行われる次期Jr.二冠挑戦者決定トーナメントの決勝戦がOSAKA女子の下野さんと19時女子の帯広ちゃんとの対戦になりました。
ぶっちゃけ、今回のトーナメントが発表になったときに下野さんの決勝進出は予測できたとしても、帯広ちゃんがまさか不戦勝(対戦相手のムーン瑞月選手が頚椎捻挫のため)とは言え上がってくるとは予想だにしませんでした。昨日のSアリーナでさくらさんも言ってましたが、やっぱり何か持ってますね、帯広ちゃん。

自分の中で今年一年通して活動できた新人レスラーとして、この帯広ちゃんと下野さんというのがずっと頭の中にありました。
下野さんは今年の3月にOSAKA女子旗揚げと同時にデビュー。デビュー戦がメインイベントという重責を背負いながらも素晴らしく感動的な試合を披露。最近では他団体からも随分お呼ばれするようになって評価も著しい逸材です。
そして帯広ちゃんも下野さんから遅れること一ヶ月後にデビュー。そしてたった一ヶ月でアイスリボンを退団し、USTREAMでの放送が活動拠点となる19時女子プロレスを旗揚げ。現在のUSTREAMブームの先駆者的存在であります。またその独特の試合スタイルというか動きは見た人を引き付けてしまう、この人もある意味逸材。(笑)

そんな活動拠点が違う彼女たちが今回のトーナメントに出場が決まってても正直二人が相見えるとは微かな期待はあってもJWPの威信もあるだろうと予想はしてなかったです。

それがまさかの急転直下。

いやぁ~、「一寸先はハプニング」とはこのことですな。(笑)

正直、帯広ちゃんには悪いですけども、下野さんはこの新人クラスでは実力は頭一つ抜けてると思います。ガタイの良さもさることながら、やはり経験値の差、WAVE基本にJWPやNEOに出場し一線級クラスと日々当たっている恵まれた環境での経験値はとても高いと思います。
んが、た~だ、帯広ちゃんも何をしでかすか分からないミラクルガール。何度か先輩レスラーを丸め込んでいる実績が微かな期待を膨らませてくれるのは事実。

そういう意味でこの12.12JWPのキネマ大会で行われる試合は自分の中ではとても興味深いと言うか、自分の中では今年の新人部門を決定する注目大会なのであります。わふわふ

行かれる方はぜひ楽しみに見てきてくださいましー。
























ぬおっ!そう言えばこの方も新人賞候補でした。

画像

専門誌的には朱里ちゃんだろうなぁ~。

"【12.12 JWP】 2010年私的最優秀新人賞決定戦 下野佐和子 VS 帯広さやか" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント